国際420級って?

 

 

420クラスは、1960年にフランスのクリスチャン·モーリー(Christian Maury)によってデザインされた2人乗りのディンギーです。420(ヨンニーマル)という名称は、艇体の全長が4.2mであることに由来したものです。

 

 

 


 

 

 

420は、ISAF認定されたインターナショナル・クラスで世界的普及している艇になります。1号艇からは今まで56,000隻のボートが建造されており、セイルナンバーは国際420協会より発行され世界的に連番(国内で活動している艇では、SNIPEクラスやLaserクラスなどが同じ形式をとっています)このポピュラーなディンギーは学校やクラブなど、世界中の43か国でユース世代のトレーニングボートとして活用されており、全国レベルや国際的なレベルな大会でもで採用されています。また大きな浮力タンクがあり、沈(逆さまだった)の状態でもボートは非常に安全です。現在も年間約350隻のボートが作られ、過去5年にわたって建造された艇は1850隻になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

Boat

 

Hull Length(船体の長さ) 4.2m
Beam Length(艇体の横幅) 1.63 m
Mast Length(マストの長さ) 6.26m
Sailing Boat Weight(帆走重量) 100 kg
SingleBare Hull Weight(船体重量) 80㎏

 

 

Sail Area

 

Main(メイン) 10.25㎡
JIB(ジブ) 2.8㎡
Spinnaker(スピン) 9.0㎡